サルモネラ菌の殺菌効果試験

一般財団法人食品分析開発センターSUNATEC

試験目的

 献体に試験菌の菌液を接種して所定条件で保存後、生菌数を測定する。

 

試験概要

  1. 試験菌

Salmonella enterica subsp. enterica NBRC 3313(サルモネラ)

 

  1. 試験菌液の調整

  2. 1mlあたりの生菌数が約108となるように調整したものを試験菌液とした。

 

  1. 試料の調製

 

  1. 試験操作

  2. 1/100量添加、混合した。

  3. 1分、5分及び10分間保存後、その一部を採取し0.1mol/l滅菌チオ硫酸ナトリウム溶液で10倍希釈した。これらの希釈液の生菌数をSCDLP寒天培地を用いた混釈平板培養法(35±1℃、2日間培養)により測定した。

  4. 0.1mol/l滅菌チオ硫酸ナトリウム溶液で10倍に希釈することで、生菌数の測定に影響を与えないことを確認した。

 

試験結果

 結果を表-1に示した。

圖片36.png